BPMBOXES(BBOX)

ProcessMaker Plugin


DateTime.Now.ToString("yyyy/MM/dd HH:mm:ss")

copyToFile

DateTime.Now.ToString("yyyy/MM/dd HH:mm:ss")

DateTime.Now.ToString("yyyy/MM/dd HH:mm:ss")

datetime.parse(variable2.tostring(“yyyy/MM/01”))

時間の変更

System.io.Directory.GetFiles(In_ファイルパス)

deleteFile

System.io.Directory.GetFiles(In_ファイルパス)

datarow(7)(1)=datatable(3)(2)

datarow(7)(2)=datatable(3)(3)

datarow(7)(3)=datatable(3)(4)

datarow(7)(4)=datatable(3)(5)

buildDataTable

時間フォーマット変更

登録の場合

指定行までデータコピー

For Each DatarRow

dt登録データ

lastIndex=dtColumns.ROWS.count

ReadRange(4)

new List(Of String)

登録先エクセル.Select("").CopyToDataTable.DefaultView.ToTable(False,出力する対象の列.ToArray)

登録先エクセル.Select("").CopyToDataTable.DefaultView.ToTable(False,"Columns0")

B2

指定行だけコピー

登録先エクセル.Select("").CopyToDataTable.DefaultView.ToTable(False,"Columns0")

B4

指定行だけコピー

copyToFile

Excelで初期マップして

内容をコピー


列の最後のカウント

登録データを作る



Excelを開く

Type Into

“半角[k(enter)]かたかな[k(f8)]”

ボタンクリック

行だけコピー

メモリーがあればシンプル

DataTable1 = Datatable2.DefaultView.ToTable(flase, “Column1”, “Column2”).copytodatatable

最終行取得

フィルターをして最終行

空で無い行をカウント

カラム取得 datatable

ファイル選択 clipboad

ノートパッドでのテスト

DateTime.Now.ToString("yyyy/MM/dd HH:mm:ss")

データテーブルコピー

Cloneメソッドで作成したデータテーブルにはデータが含まれていません。

Copyメソッドで作成したデータテーブルはデータが含まれています。

Assignアクティビティ

dtNew = dtTest.Clone

Assignアクティビティ

dtNew = dtTest.Copy




ファイルコピー

Sub ボタン1_Click()

Dim OpenFileName As String

OpenFileName = Application.GetOpenFilename("Microsoft Excelブック,*.xls?")

Workbooks.Open OpenFileName

MsgBox ("test")

End Sub


20191208にやったこと

仕様書=そのままBPMSで動く

なかなか難しい




Excelを基盤とした 業務サービス

GOOGLEを基盤にして クラウドで動く物を作成しながら考えていく

BPMBOXES【メイン)

ここに随時必要なもとを設定していく


RPA BOT 作成

基本はエクセルでそのまま動作

業務フロー作成

基本はエクセルでそのまま動作

BPMS上で画面作成

WEB上で画面作成 そのまま動作

UIPATHとの連携

RPAの勉強

GASとの連携

GOOGLEのいろいろなサービスと連携

APPMAKERとの連携

自動で登録システム作成

登録画面作成

プログラムも勉強


クラウドでの作成

APPMAKERとの連携


GOOGLEAPPSCRIPTとの連携


CLOUDCOLABとの連携


GOOGLE DATASTDIO


BPMCHAT




フォルダー作成

フォルダーを確認してから

データをマップデータからコピー